静岡県富士市厚原175-42
富士インターから車で10分

パニック障害

  • 心臓がバクバクして口から飛び出しそうになる
  • 恐怖や不安による冷や汗
  • 手足や、体全体がふるえ、自分ではコントロールできない
  • 呼吸が速くなったり、息が荒くなる
  • 息が吸えないと感じるような窒息感がある
  • 胸の一部がチクッと痛んだり、不快に感じる
  • 胃をぎゅとつかまれるなどの不快感がある
  • めまい、頭がふらつく、気が遠くなる感じがする
  • 体が冷たい、または熱いと感じる
  • ジンジン、ピリピリ、チクチクとした不快なしびれる感じがする
  • 自分が行動しているはずなのに、夢の中にいるようで現実感がない
  • 制御不能、気が変になってしまうのでないかという恐怖

ひとつでも当てはまる方は、セロトニン活性療法協会認定治療院の大竹整体院にお任せください!
痛みや不調を気にせず、毎日を快適に過ごすことができますようにお手伝いさせて頂きます!

当院ではパニック障害でお困りの方に対して、整体を通じ、以下のようなサポートをしております。

当院で行うアプローチとしては、セロトニン活性療法という、セロトニンを活性化させる整体法を使用していきます。※当院はもともと不妊専門の整体院として営業しております。
https://otake-seitai2.jp/yobou.html
頭痛や肩こり、生理痛や生理不順、便秘など女性特有の症状を取り除いていけば「本来の妊娠力を取り戻すことができる!」
という考えのもと、これまでにも多くの妊活中の方をサポートさせて頂いております。
私たち夫婦も約10年間、不妊で悩んでいた経緯から不妊専門としておりますが、現在では自律神経でお悩みの女性もお越しになられています。

※セロトニン活性療法は、脳波測定によりセロトニン分泌が科学的に証明されている整体法で、医学的論文も発表されています。

国際生命情報科学会誌

「セロトニン神経活性化の臨床的評価:脳α2成分の発現」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/islis/34/1/34_73/_article/-char/ja/

セロトニンは脳内にある神経伝達物質で、不安感を抑え、心を安定させる働きがあります。
パニック障害は、このセロトニンの不足が原因の一つと考えられています。

実際に、パニック障害の代表的な治療薬でSSRI(パロキセチン)というものがあります。

これは、セロトニンの働きを高めるために用いられますが、薬の効果がある反面、副作用にも注意が必要です。
SSRIは、副作用は比較的少ないようですが、しかし、ゼロではありません。

当院では、見かけ上セロトニンを増やすのではなく、実際にセロトニンを活性化させる手技を行っていきます。
整体法は、今まで受けたことがないような施術になるかもしれませんが、痛みを伴わない心地いい整体法ですので、ご安心ください。

副作用のない整体で、再発しにくい体質をつくりたい方は、ご連絡ください。

電話:0545-67-1395
メールフォーム:https://otake-seitai.com/contact.html

0545-67-1395